EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

慶應大、間接費管理の基盤としてSAP Concurのクラウド導入を決定

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/25 11:47

 コンカーと日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は9月25日、慶應義塾大学が間接費管理基盤として、経費精算・管理クラウド「Concur Expense」と請求書管理クラウド「Concur Invoice」を含むSAP Concur(エスエーピー・コンカー)ソリューションを採用し、日本IBMがコンサルティングからシステム導入までを支援することを発表した。

 SAP Concurの国内大学への導入は本事例が初となる。

 導入めどは2021年12月で、慶應義塾大学病院も含めた段階的な展開を予定している。Concur ExpenseとConcur Invoiceの実証実験は2019年6月から進められ、業務プロセスの効率化やペーパーレス化の有効性が、旧来型の紙中心の業務に比べて大きな改善効果が見られたため、導入実施に至った。

 コンカーはSAP Concurの日本法人で、「Concur Expense」「Concur Invoice」を中心に、企業の間接費管理や従業員の働き方改革を支援するクラウドサービス群を提供している。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0