EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

国際基督教大学がクラウドを活用し、災害時に備えたシステムのバックアップ体制を強化

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/08/28 13:07

 Arcserve Japanは8月27日、国際基督教大学(ICU)がクラウドバックアップサービス「Arcserve UDP Cloud Hybrid」を活用して、BCP(事業継続計画)対策を強化したこと発表した。

 ICTでは、2011年の東日本大震災をきっかけに、学内に点在していた物理サーバをVMware vSphereによる仮想化環境へ移行し、2017年からバックアップアプライアンス「Arcserve UDP Appliance」を活用して、学校内に仮想化システム基盤を構築してきた。また、災害時のBCP対策として、同一基盤を学内のITセンターとは別の場所に構築し、システムを二重化してきた。

 今回の「Arcserve UDP Cloud Hybrid」の導入は、BCP対策のさらなる強化としてクラウドによる遠隔地バックアップの必要性を受けて実施されたもの。「Arcserve UDP」や「Arcserve UDP Appliance」ユーザーであれば、バックアップデータを国内のクラウド環境に構築や運用の手間なく複製できるため、運用や学習の追加コストがかからない。また、ストレージサイズによる容量課金のみというライセンス体系も採用理由になったという。

 また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受けて、ICUでは2020年4月からすべての授業をオンラインによる遠隔授業に切り替えたが、アクセスの急増に対する学習支援システムの拡張も、Arcserve UDPの標準機能である仮想スタンバイを活用することでシステム移行を実現できた。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0