EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

記憶定着アプリ「Monoxer」、学習塾での導入が2500教室を突破

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/14 11:54

 モノグサは、記憶定着を支援する学習プラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」の導入教室数が2500教室を突破し、延べ学習回数も2年間で1億回を突破したことを7月13日に発表した。

 また、併せてインフォグラフィック「データで見る Monoxerの2年間」も公開している。

 Monoxerは、フラッシュカードに似た学習機能からスタートしたサービスで、学習塾を中心に導入が進んでいるほか、学校や、事業会社での従業員教育、海外導入など、適用範囲を広げている。

 Monoxerでは、先生が覚えて欲しい内容を登録するだけで、それを定着させるための問題が自動作成される。生徒の習熟度・忘却度に応じて、リアルタイムで問題の出題頻度や難易度が調整されるため、個別最適化された効率のよい学習効果を実現している。

 学習者には、iOS/Androidのスマホアプリとして提供されるため、スキマ時間を有効活用できる、ゲーム感覚で学習できる、実際の成績アップにつながっていることなどが評価されている。

 また、先生向けには、生徒の学習状況が確認できるWEB管理画面が用意されているため、生徒の習熟度をリアルタイムに可視化したり、煩雑な紙ベースの確認テストや宿題の運用を移行できた点が評価されている。オリジナルの問題集(BOOK)を配信することもでき、現在4万5000以上登録されている。

 7月26日には、Monoxer活用に関する塾向けのオンライン共有会が開催される。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0