EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

Sky、生徒の考えがリアルタイムで把握できる学習活動支援アプリを6月に提供

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/04/22 13:30

 Skyは、タブレット端末に対応した学習活動アプリ「SKYMENU Class(スカイメニュークラス) 2020」の、6月の発売を予定している。

「SKYMENU Class 2020」の画面イメージ
「SKYMENU Class 2020」の画面イメージ

 「SKYMENU Class 2020」は、子どもたちが与えられた課題に対して、自身の考え(立ち位置=ポジショニング)を、マーカを配置して示す機能を備えている。考えの変化に応じてマーカを何度でも再配置することが可能で、その変容の過程は自動で記録されるため、考えの「ゆらぎ」を可視化して振り返ることができる。

 また、各教室や教職員間での校内情報の共有に使える「電子連絡板」を搭載し、学年ごと、学級ごと、教職員用など、用途に応じて連絡板の作成が可能になっており、各教室の大型提示装置の有効活用にも役立てられる。

 災害が発生した際には、専用USBメモリを接続することで学習者用の各種制限設定を解除でき、タブレット端末を緊急時の情報収集や連絡手段など、自由に使えるようにする機能も備えている。

 そのほか、子どもたち1人ひとりの考えをリアルタイムで共有して、協働的な学びに活かす仕組みや、1人ひとりの反応を踏まえた双方向型の一斉授業を実現する機能も搭載する。

 同製品は、クラウドにも対応しており、加えてWindows PC、Chromebook、iPadに搭載されたブラウザで動作するので、情報端末の種類を問わず活用できる。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0