EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ソーシャルデータバンク、「未来の教室」のLINE公式アカウントを活用したプラットフォーム構築を支援

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/04/09 13:15

 ソーシャルデータバンクは、経済産業省の教育産業室が実施している「未来の教室」プロジェクトにおいて、LINE公式アカウントを活用したプラットフォームの構築と監修を支援した。同プラットフォームは、新型コロナウイルス感染症の影響による休校の中で、児童・生徒がLINEを通じて学習できる環境を提供している。

 LINE公式アカウントの構築には、LINEに特化したマーケティングツール「Liny(リニー)」を採用し、児童・生徒や保護者、教育関係者が「LINE」アプリを通じて、興味や関心に合わせた学習コンテンツや最新情報をトーク画面のメニューやチャットボットで手軽に受け取ることができる。

LINE公式アカウントを活用した学習コンテンツや最新情報の提供イメージ
LINE公式アカウントを活用した学習コンテンツや最新情報の提供イメージ

 また、休校中の児童・生徒に向けた、学習を補助するためのコンテンツも、数多く用意している。

 学習・教育プラットフォームにLINE公式アカウントを活用するメリットとしては、

  1. メールや電話よりも気軽で円滑にコミュニケーションが取れる
  2. 開封率と到達率、リアルタイム性が高い
  3. 用途に応じてアプリのようにコンテンツをカスタマイズできる

の3点が挙げられる。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0