Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

SAS、即戦力となるデータサイエンティスト育成を支援する実践トレーニングを提供開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/20 15:07

 SAS Institute Japanは、AI実用化のための「アナリティクス・ライフサイクル実践トレーニング」の提供を開始したことを、9月19日に発表した。

 「アナリティクス・ライフサイクル実践トレーニング」は、AI活用が研究開発やPoC段階に留まり、ビジネスへの適用が進んでいない企業に向けた実践的なトレーニング。高等教育機関でも活用が進んでいる。

 「SAS Viya」を活用して、分析のためのデータの準備からモデル作成、モデルの業務実装に至るまでの「アナリティクス・ライフサイクル」のすべてのプロセスをカバーすることで、従来の統計教育、データサイエンティスト育成プログラムでは困難だった、現場での即戦力となるデータサイエンティストの育成に貢献する。

 さらに、実際のビジネス現場におけるリアルタイムのエッジ・アナリティクスを題材としており、異常を予兆するモデルを開発し、そのモデルをデータ発生源に近いエッジ領域に実装してリアルタイムにスコアリングすることで、異常予兆を検知する現実のアナリティクス現場に限りなく近い状況を再現している。

 トレーニングには「SAS Viya」のオープンなアーキテクチャを採用しているので、ツールスキルの差異に依存せず、アナリティクスの本質を学ぶことに集中できる。受講にあたって新たなプログラミングスキルを身につける必要はなく、Python、SAS言語といったプログラミング環境や、マウスによるポイント&クリック操作のインターフェースなど、スキルや好みに応じた方法が選べる。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0