Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

「アーテックロボ2.0」がJavaScriptに対応、インターネット経由での制御が可能に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/08/23 15:00

 アーテックは、ロボットプログラミング教材「ArtecRobo2.0(アーテックロボ2.0)」の新しいプログラム開発環境として、CambrianRoboticsが提供するIoTプラットフォーム「obniz(オブナイズ)」に対応することを決定した。12月のリリースを目指して開発を進めていく。

 「obniz(オブナイズ)」は、Webブラウザ上で動作可能なプログラム開発環境を用いてJavaScriptで作成したプログラムを実行できるIoTプラットフォーム。今回の対応により、アーテックロボをインターネット経由で制御することが可能になるほか、作成したプログラムをクラウド上に保存し、スマートフォンやタブレット端末で実行できるようになる。

 アーテックは、obniz(オブナイズ)をアーテックロボに採用することで、新たにJavaScriptでのプログラミング学習環境を提供する。これにより、初等教育段階で広く活用されているScratch(スクラッチ)型のプログラム言語から、実際のアプリケーション開発に使われているテキスト言語への円滑な移行を実現し、プログラミング教育における校種間の連携をより促進する狙いがある。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0