Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

芝浦工業大学、サマデイが開設した入試コンソーシアム「UCA Asia」を導入

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/13 15:15

 芝浦工業大学は、サマデイが米ApplicationsOnlineと提携し、入試プラットフォーム「Universal College Application(UCA)」を用いて開設した日本を含むアジアの大学のための入試コンソーシアム「UCA Asia」の導入を決定した。

 「UCA」は、学生が1つのフォームに入力した情報で、複数の大学に出願できるプラットフォームで、ハーバード大学、プリンストン大学、ジョンズ・ホプキンス大学といった名門大学が参加している。

 「UCA Asia」は、日本の大学が日本語で利用可能で、国内学生のAO入試や、2020年入試改革における多面的・総合的評価型入試、海外学生の募集にも役立つ。今後は、他の大学とも連携してフォームを共通化し、アジアの大学のための入試コンソーシアムを形成していく。

 「UCA」および「UCA Asia」では、SNS型eポートフォリオ「Feelnote」と連携し、志願者からのポートフォリオを受け付けるため、それぞれの大学のアドミッションオフィサーは志願者1人ひとりの個性的な学びと活動のプロセス、伸びしろを評価できる。

 今回の、芝浦工業大学への「UCA Asia」導入決定は、複雑化した出願書類をスリム化しつつ、世界の大学との共通化を図り、将来的には海外名門大学と肩を並べて留学生の募集を行うことを視野に入れており、2018年度の大学院における海外学生対象の全方式で、「UCA Asia」のシステムを利用した入試の実施を予定している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0