SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

低学年でもできますよ! 誰でも簡単GIGA端末活用術 Chromebook編

タイピングが難しくても文字入力はできますよ! 低学年からのGIGA端末活用

低学年でもできますよ! 誰でも簡単GIGA端末活用術 Chromebook編 第2回

 GIGAスクール構想により、1人1台端末が実現しました。これまで特別な存在だったコンピューターが当たり前の文房具として使われ始めています。しかし、実際の学校現場でうまく活用できるか、不安を感じている先生も多いのではないでしょうか。特に小学1年生や2年生は、そもそもコンピューターの操作ができないと思われがちです。ですが、そんなことはありません。できることはたくさんあります。本連載では、低学年担任ならではの課題や困りごとを解決する実践を、「低学年でもできますよ!」を決め台詞に紹介していきます。第2回では「タイピングができないから文字入力もできない」という課題を、手書き入力を使って解決する実践を紹介します。

低学年では文字入力ができない? タイピング以外の方法で挑戦しよう!

 小学校低学年において、「ローマ字を習っていないためタイピングができず、文字入力は難しい」とお困りの先生はいらっしゃいませんか。タイピングとは、皆さんご存じの通りキーボードのキーを打つことでテキストを入力することですよね。最もポピュラーな文字入力の手段ではありますが、果たして文字入力の方法はタイピングだけなのでしょうか?

 いいえ、そうではありません。ほかにも文字入力の手段はあります。その内のひとつが「手書き入力」です。手書き入力を使えば指1本で文字を入力できますよ。今回は手書き入力を使った実践を2つご紹介します。

事前設定

 Chromebookのシェルフにキーボードのマークがなければ事前設定が必要です。そこまで難しい操作ではないため、子どもたちと一緒にやってもよいですし、難しい場合は教師側で事前に設定しておくのもよいでしょう。

キーボードのマークがない場合は設定が必要
キーボードのマークがない場合は設定が必要
  1. シェルフの右側にある時刻の部分→設定(歯車のボタン)から設定画面を開く。
  2. 「詳細設定」→「ユーザー補助機能」
  3. 「ユーザー補助機能の管理」→「キーボードとテキスト入力」→「画面キーボードを有効にする」をオンにする(ついでに「音声入力を有効にする」もオンにしておくとよい)。
画面キーボードと音声入力をONに設定
画面キーボードと音声入力をONに設定

手書き入力の方法(Googleドキュメントの場合)

  1. Googleのトップ画面からGoogleドキュメントへアクセスする。
  2. 新しいドキュメント(空白)を作成する。
  3. シェルフにあるキーボードのボタンから画面キーボードを出す。
  4. 「手書き入力」を選択する。
  5. 指で手書きする(※消したいときは「×」を押す)。
手書き入力の手順
手書き入力の手順

変換候補

 手書き入力では、手書きスペースの上段に変換候補が表示されます。ドキュメントに間違った字が入力されている場合は、ここから正しい字を選択することができます。

変換候補を選択
変換候補を選択

次のページ
キーボードは必要なし! 指1本で簡単文字入力「手書きしりとり」

この記事は参考になりましたか?

低学年でもできますよ! 誰でも簡単GIGA端末活用術 Chromebook編連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

林 孝茂(ハヤシ タカシゲ)

 兵庫教育大学附属小学校教諭。兵庫教育大学大学院学校教育研究科修士課程在籍。ICT夢コンテスト2020優良賞受賞。Type_T(とにかくやってみるプログラミング教育ティーチャーズ、NPO法人タイプティ)メンバー。著書に『逆引き版 ICT活用授業ハンドブック』(共著、東洋館出版)、『事例と動画でやさし...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です


この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7853 2022/08/15 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング