SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

今夏の参院選、6割の若者が「関心なし」も3割は投票に「行く予定」と回答【学校総選挙プロジェクト調査】

 CCCマーケティングとTポイント・ジャパンは、これからの未来を担う中高生世代と政治・社会をつなぐソーシャルプロジェクト「学校総選挙プロジェクト」の一環として、16~29歳の男女を対象に実施した「2022年度若者の政治意識調査」の結果を6月22日に発表した。同調査は、5月26日~28日の期間に行われ、1204名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、今夏に行われる参議院議員選挙に関心を持っているかを尋ねたところ、「関心を持っている」と「どちらかと言えば関心を持っている」を合わせた割合は39.7%に留まった。

 今夏に行われる参議院議員選挙に投票に行くかどうか(選挙権を持っていない人は選挙権を持っている場合を想像して回答)を尋ねた質問では、「行くと思う」が54.4%、「行かないと思う」が19.6%、「まだ決めていない」が26%となっている。この結果を、参院選への関心の有無と合わせてみると、参院選に関心がある若者の8割が「投票へ行く」と回答し、参院選に関心がないが「投票へ行く」という回答も3割に達した。

 今夏の参院選に「行く予定」と答えた人に、その理由を尋ねたところ(複数回答)、「自分の1票を大事にしないといけないから」(62.1%)がもっとも多く、以下「若者の投票率を上げたいから」(42.6%)、「政治や選挙に興味があるから」(23.1%)、「家族も投票しているから」(21.1%)、「投票所が行きやすい場所にあるから」(14.0%)が続いている。

 今夏の参院選に「行かない予定」と答えた人に、その理由を尋ねた質問(複数回答)では、「政治や選挙に興味がないから」(36.4%)が最多となり、「誰に投票したら良いかわからないから」(28.8%)、「誰に投票しても変わらないから」(28.4%)、「投票したい政党や候補者がいないから」(22.5%)、「いつ選挙があるか知らないから」(15.3%)がそれに続いた。

 今夏の参院選が近づいたら、意見や情報を参考にしたいと思う人としては(複数回答)、「政治学者などの有識者」(41.8%)、「家族」(37.2%)、「自分と同世代の人」(36.5%)が上位を占めている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7731 2022/06/25 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング