SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

小中学生対象のプログラミング教育カリキュラム「ルンバ エンジニアリングコース」が無料公開、学校向けにロボットの貸し出しも

 アイロボットジャパンは、プログラミングを基本から学べる 小・中学生を対象とした日米共同開発のカリキュラム「ルンバ エンジニアリングコース」を、6月8日よりアイロボット公式ページ内「iRobot Education」サイトにて無料公開を開始した。

 同社は2021年にプログラミングロボット「Root」を発売。ロボット掃除機「ルンバ」と同様の動きをプログラミングできるほか、ペンで描いたり、光らせたり、音を奏でたりすることができる。現在、全国38都道府県の小学校に導入されており、現場の教員からは、ルンバをモチーフとした見た目の親しみやすさや、接続や管理が簡単という扱いやすさ、利用者の経験に合わせてレベルが変更できるという点が好評だという。

プログラミングロボットのRoot
プログラミングロボットのRoot

 アイロボットにはRootを通して子どもたちにロボットやモノづくりに興味を持ってもらい、将来ルンバの開発を担うエンジニアとして活躍してもらいたいという願いがある。ルンバ エンジニアリングコースはそうした同社のエンジニア育成を形にした学習カリキュラム。日本法人の呼びかけによりアメリカの本社と共同開発を行い、Rootがルンバに似ている特徴を生かし、ルンバの動きをRootでプログラミングすることにより、基本から楽しくプログラミングを学ぶことができる。

 具体的なカリキュラムとしては、ルンバが壁にぶつかったときに跳ね返る仕組みをプログラミングで再現するなど、45個のアクティビティで構成され、最終章では実際に自分で掃除をする部屋の地図をつくり、ルンバのように部屋を掃除するプログラミングにチャレンジできる。また、学びをより深めるために、カリキュラムだけではなく、アイロボット社員によるレッスンムービーも併せて提供される。

45個のアクティビティ
45個のアクティビティ

 さらに、教育機関を対象にRoot6台と、PythonやROS2で高度なプログラミングが可能なルンバ型プログラミングロボット「Create 3」(国内未発売)をセットで貸し出す。

日本では未発売のCreate 3
日本では未発売のCreate 3
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7645 2022/06/09 15:20

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング