SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

教育現場でのICT活用事例紹介(大学・専門学校)(PR)

誰もが使いやすいツールで大学DXを推進! 時間や場所を超え、教職員の働き方改革を実現するポイントとは

大東文化学園における校務効率化などの「LINE WORKS」導入事例

大学DXに向けて情報共有を促進! 教職員、学生双方が安心して使用できる情報プラットフォームの将来性について

 100周年記念プロジェクトや普段の業務で、また学生や卒業生とのやり取りにおいて、大東文化学園のコミュニケーションプラットフォームとして広く浸透し、多方面に使われているLINE WORKS。導入時より活用を推進してきた小笹氏は「LINE WORKSの使い方について、枠にはめることなく自由に使われることを意図しましたが、(各部署での使い方を聞いてみると) 想像以上にいろいろな使い方をされているという実感があります。部署によって業務の内容も異なるため、それぞれのニーズに合わせた効率的・効果的な使い方を引き続き試してもらいたいです」と述べる。そして、今後の展望について次のように語った。

 「少子化が進む中で学校法人として事業存続のため、DXをはじめとしたさまざまな改革が必要なのは明らかです。一方で、そうした変革のスピードを加速させられないというジレンマもあり、そのボトルネックになっているのが情報共有だと考えています。

 長引くコロナ禍により対面でのコミュニケーションが制限されることもあり、ますますデジタルでの情報共有の重要性は高まるでしょう。その意味でも、効果的なコミュニケーション戦略を展開し、LINE WORKSの活用について積極的に推進していきたいと考えています」(小笹氏)

 具体的には、BCP対策として堅牢なクラウドストレージサービスの導入や、コロナ禍で希薄になりがちな学生間のコミュニケーションを活性化するためのバーチャルキャンパスのような環境も、今後検討の対象に入ることを予想しているという。「そうした場とLINE WORKSを連携させることで、学生が交流しながら学び、楽しめる場とすることができるのではないか」と小笹氏も期待を寄せる。

 「LINEは、ほぼすべての学生が使っている状況で、有用なコミュニケーションアプリである反面、テキストコミュニケーションがもたらす誤解などトラブルなども生じています。一方で、LINE WORKSには監査機能なども備わっており、学生にも学校にとっても安心して使えるツールであると言えるでしょう。今後は教職員間だけでなく、学生とのコミュニケーションへの活用も含め、展開を検討していきたいと考えています」(小笹氏)

 コミュニケーションのプラットフォームとなり、働き方や業務の改革にも大きな影響を与えたLINE WORKS。今後は、さらに活用の対象が広がることで、大学全体の改革にも大きな影響を与えることは間違いない。今後どのように活用され、どのような効果が得られるのか。「コミュニケーションの力」が期待される。

学校関係者が語る校務効率化の「即戦力」になるIT活用のポイント ~大東文化学園へインタビュー!~

【教育業界向け】LINE WORKS導入事例集

 LINE WORKSを導入した、学校法人・企業へのインタビューがまとまった事例集をダウンロードできます。校務や塾・スクール運営における情報共有の課題と、それらをLINE WORKSでどのように解決したのかについて紹介した資料です。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

教育現場でのICT活用事例紹介(大学・専門学校)連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

エディター&ライター。児童書、雑誌や書籍、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ライティング、コンテンツディレクションの他、広報PR・マーケティングのプランニングも行なう。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です


この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7533 2022/06/29 10:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング