SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

ソニー生命、「子どもの教育資金に関する調査」を実施、子どもの教育に取り入れてほしいもの第1位は「プログラミング教育」

 ソニー生命保険は、平成29年11月24日~27日の期間に、大学生以下の子どもを持つ20~59歳の男女1000名に対して「子どもの教育資金に関する調査2018」を実施した。

 「子どもの教育資金に関する調査」のうち、子どもの教育に取り入れてほしいものを尋ねた設問では、「プログラミング教育」(48.9%)がもっとも多く、「アダプティブラーニング」(43.2%)、「デジタル教科書」(31.0%)、「ディープラーニング」(25.0%)、「AR(拡張現実)」(21.7%)がそれに続いている。

子どもの教育資金に関する調査2018
子どもの教育に取り入れてほしいもの

 「プログラミング教育」については2020年度からの小学校での必修化が、「アダプティブラーニング」は民間の教育サービスなどで導入が始まり、注目されていることから、上位にランキングしたと考えられる。

 また、子どもの携帯電話やスマートフォンの通信・通話料金を支出しているかを尋ねたところ、52.4%の親が支出しているという結果となった。

 このほか、高校生以下(予備校生、浪人生含む)の子どもを持つ親(751名)に対して、子どもの進学費用のための備えとして、月々いくら支出しているかを尋ねた設問では、「0円」(29.3%)がもっとも多かったものの、「10,000円~14,999円」(19.2%)、「20,000円~29,999円」(15.2%)、「30,000円以上」(15.6%)にも回答が集まっている。なお、1か月あたりの平均支出金額は1万5437円となった。


【関連リンク】
ソニー生命保険
「子どもの教育資金に関する調査2018」

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/709 2018/01/26 16:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング