SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

ニフティが「小中学生が選ぶ2021年の漢字」を発表、第1位は「推」

 ニフティは、同社が運営する子ども向けサイト「キッズ@nifty」が小中学生を対象に募集した「小中学生が選ぶ2021年の漢字」を、12月9日に発表した。募集期間は10月15日~11月28日で、812件の有効回答数が寄せられている。

 2020年の漢字第1位は「推」だった。好きなアイドルやアニメのキャラクターなどを応援する「推し活」が今年話題となったが、「推しができた」「ずっと推し活をしていた」といった声が寄せられ、小中学生の間でも「推し」という言葉が浸透し、身近なものとなっていることがうかがえる。

 第2位は小中学生にとって普遍的な関心事ともいえる「恋」で、昨年の3位から1つ順位が上がった。「恋」を選んだ理由としては「大好きな人がいるから」「初恋をしたから」など、子どもらしく初々しいコメントが寄せられた。

 第3位は「楽」「新」となり「コロナでいろいろ大変だったけれど、楽しかったから」「中学生になり新たな生活になった」といったコメントが見られた。

「小中学生が選ぶ2021年の漢字」
「小中学生が選ぶ2021年の漢字」

 ランク外での回答では、今年開催された東京五輪にちなんだ「金」(13位)や、推しが尊いという理由で「尊」(16位)、たくさんゲームをしたという理由から「遊」(17位)といった回答が寄せられた。

過去調査での順位

過去調査での順位

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6772 2021/12/12 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング