SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

アイルランド発のバーチャルロボットによるプログラミング教材「ロボティファイ」日本語版が販売開始

 mangoSTEEMS JAPANは、アイルランドのRobotify(ロボティファイ)から発売されている、コーディングとロボット工学のプログラムとソリューション「ロボティファイ」日本語版の販売を、10月25日に開始した。

「ロボティファイ」を使用した学習イメージ

「ロボティファイ」を使用した学習イメージ

 「ロボティファイ」は、世界の幼稚園から12歳までの教育機関に対して、コーディングとロボット工学のプログラムとソリューションを提供する教材。100時間を超えるコーディングアクティビティを通じて、ループ、関数、変数といったプログラミングの基礎を学習できる。また、ロボット工学やテクノロジーの基礎およびプロセスを学べるので、将来テクノロジーの世界で活躍するための準備としても利用できる。

 提供コンテンツは、計算論的思考、論理的思考、プログラミングの基礎を学べる100時間以上のアクティビティ、CSTAの基準に沿ったカリキュラム、教員用ダッシュボード、レッスンプラン、カリキュラムマッピング、ソフトウェアガイドで、Webベースのオンラインプラットフォームとして提供される。

 「ロボティファイ」は今回発売される日本語版のほか、英語版も引き続き利用できる。導入の際には、EdTech導入補助金の活用が可能。無料で試用できるトライアル版も用意されており、12月末までに購入すると教員向けトレーニングが無料になるキャンペーンも実施中。

 また、2021年2月15日(現地時間)に開催されたウェビナー(英語)も公開されている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6529 2021/10/28 15:15

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング