EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

約6割の学校が「LGBTQ」の生徒・児童への服装への配慮を導入・検討中【カンコー学生服調査】

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/10/27 11:25

 菅公学生服は、毎月最終火曜日に結果を発信している調査レポート「カンコーホームルーム」Vol.189として、「ジェンダーレス制服」の導入背景に関する調査データを、10月26日に公開した。同調査は、全国の小中高校の教員1800名に対して、6月に行われている。

 調査結果によれば、小中高校における「LGBTQ」の生徒・児童への服装の配慮の現状は、「服装による配慮をしている」が39.3%で、「今は服装による配慮はしていないが、今後予定している」(20.3%)と合わせると、約6割の学校で何らかの服装の配慮を導入・検討中であることがわかった。一方で、「服装による配慮はしていない」という学校も40.3%存在する。

服装によるLGBTQの生徒・児童への配慮をしているか
服装によるLGBTQの生徒・児童への配慮をしているか

 小中高校における「LGBTQ」の生徒・児童の把握状況としては、小学校ではLGBTQの児童が「いる」という回答が10.9%だったが、中学・高校では「いる」という回答が増え(中学校:32.0%、高等学校:31.1%、中高一貫教育校:36.0%)、学校が把握しているLGBTQの生徒・児童の割合が高くなる。

学校にLGBTQの生徒・児童は在籍しているか
学校にLGBTQの生徒・児童は在籍しているか

 学校が考える、「LGBTQ」の生徒・児童への服装の配慮として、よいと思うものとしては(複数回答)、「女子のスラックス制服の採用」(50.1%)がもっとも多く、「スカート・スラックス・リボン・ネクタイなど男女関係なく自由に選べるようにする」(36.0%)、「男女共通デザインのブレザー制服の採用」(35.4%)がそれに続いた。

LGBTQの生徒・児童への服装の配慮としてよいと思うものは
LGBTQの生徒・児童への服装の配慮としてよいと思うものは

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0