EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

2022年卒学生、就職活動費用は2年連続で減少も、説明会や選考への参加は増加【就職みらい研究所調査】

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/07 17:30

 リクルートは、同社のよりよい就職・採用のあり方を追究するための研究機関・就職みらい研究所が、調査モニターの大学生・大学院生を対象に実施した、「就職プロセス調査」の結果を9月7日に発表した。同調査は、6月12日~17日の期間に行われ、2022年卒の大学生1727名、大学院生557名から回答を得ている。

 調査結果によれば、2022年卒学生が6月12日時点で就職活動に使用した金額は、平均7万2034円だった。これは、2021年卒の8万8923円よりも約1万6000円少なく、新型コロナ禍前の2020年卒(12万8890円)と比較して、約4割減少している。

 項目別では、「宿泊費」がもっとも減少しており、2021年卒と比較して9154円少なくなったが、これは新型コロナウイルス感染症の影響で、オンラインでの就職活動が増えたことに起因すると考えられる。

 学生の活動実施状況では、個別企業の説明会では平均19.7社で、2021年卒と比較して5.1社増加しており、面接も平均10.9社と2021年卒よりも1.5社増加。費用負担が少なくなったのにもかかわらず、より多くの企業の選考に参加している様子がうかがえる。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0