EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

授業支援クラウド「スクールタクト」の校内研修をサポートする冊子が導入校へ無償配布

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/27 06:00

 コードタクトは、同社が提供する授業支援クラウド「スクールタクト」の校内研修をサポートする冊子『これならできる!スクールタクト~校内研修のはじめかた~』について、「スクールタクト」を導入する全校へ無償で配布することを、8月24日に発表した。

 文部科学省は、7月13日に「GIGAスクール構想の下で整備された1人1台端末の積極的な利活用等に向けた夏季休業期間中における取組について」を通知し、全国の学校等に夏季休業期間中の校内研修実施を求めており、2学期以降の本格的な端末の運用が期待されている。

 このような背景を踏まえ、同社は端末活用に向けた先生の負担を軽減すべく『これならできる!スクールタクト~校内研修のはじめかた~(以下、本資料)』を、全国の「スクールタクト」利用校へ無償配布することを決定した。

『これならできる!スクールタクト~校内研修のはじめかた~』
『これならできる!スクールタクト~校内研修のはじめかた~』

 本資料は、元教員を含む同社のプロジェクトチームが制作し、各校内で行う「スクールタクト」導入研修の事前準備から研修後の振り返りまでを分かりやすく紹介している。各校の研修担当者は、校内研修資料の手順通りに研修を実施することで、研修を受講する教員(以下、受講者)に「スクールタクト」の活用方法を分かりやすく伝えることができる。

 本資料は以下の通り、必要な知識の習得から端末での準備、模擬授業体験に至る4部構成となっている。

  • 知識編:研修担当者は、校内研修の計画に必要な知識を習得し、研修環境を準備することができるようになる。
  • 事前準備編:研修担当者は、研修に必要なスクールタクト上の準備である授業作成から課題作成までを完了することができるようになる。
  • 生徒アカウント体験編:研修担当者を先生、受講者を生徒とみなし、模擬授業形式での基本操作講習ができるようになる。
  • 先生アカウント体験編:受講者同士で模擬授業を行うグループワークや、授業作成に便利な機能の紹介などができるようになる。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0