EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

女子学生にプログラミングを――Girls Who Codeの創始者が語る、コンピューティング分野における女性の現状

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/03 07:00

 プログラミング教育必修化に代表されるように、プログラミングはこれから求められるスキルの1つと言われている。だが、大学でコンピュータサイエンスやエンジニアを学ぶ女子学生、さらにはハイテク企業に務める女性の比率は低い。Girls Who Codeは、この問題の解決を図るべく2012年に米国で立ち上がった非営利団体だ。これまでに30万人の女子学生に対面でプログラミングコースを提供し、すでに約9万人が大学や大学院の年齢に達している。Girls Who Codeを設立したReshma Saujani氏が4月、テクノロジーベンダーの米Informaticaのイベントに登場し、テクノロジー分野のジェンダー問題について動向と取り組みを紹介した。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー(最新順)

連載:イベントレポート(海外動向)

もっと読む

著者プロフィール

  • 末岡 洋子(スエオカ ヨウコ)

    フリーランスライター。二児の母。欧州のICT事情に明るく、モバイルのほかオープンソースやデジタル規制動向などもウォッチしている。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0