EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

JMC、千代田区立小中学校のICT学校教育システムの構築とサポート、保守業務を受託

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/18 06:00

 JMCは、東京都千代田区の2021年度事業「区立小中学校ICT学校教育システムの構築・サポート・保守業務」の受託を、5月7日に発表した。これにより、千代田区教育委員会事務局が推進する学び方改革、教え方改革、働き方改革の実現を支えるため、安心・安全・快適な基盤と体制を整え、学校現場の要望に応えるきめ細やかな支援と、変化に対応するICT環境をワンストップで提供していく。

 千代田区教育委員会事務局では、これまで国や都、そして区が掲げるさまざまな施策・計画に基づき、教育のICT環境の整備を行うなど、学校の情報化を進めてきた。その実践は先進的であったが、授業や学習におけるICT機器の効果的な活用や子どもと向き合う時間の確保などの課題も存在した。

 本事業では、これらの課題を解決し、小学校・中学校における情報教育、教科指導におけるICT活用、校務の情報化をより一層推進することを目的としている。現行のICT環境を発展的に見直し、知識や技能の効率的な習得、情報活用能力の育成、教員の働き方改革による充実した細かい指導を推進する。

 主な受託業務としては、「学校ICT環境の設計、構築・導入、研修」「保守・運用」「ICT支援員派遣・運営管理」「ICT活用授業設計支援」「ICT活用推進リーダー研修」「Web会議による情報共有・発信」「ICT活用レポート作成」「スマートスクール構想の実現(校務・学習データ連携)」などが挙げられる。

 次期ICT学校教育システムでは、働き方改革を推進する1台3役の教職員用端末を用意し、シンクライアントシステム、顔認証、SSOによる強固なセキュリティを実現。GIGAスクール構想による1人1台端末の運用を活性化するサポートを行い、スタディログと校務情報の連携、SINETの利用を見据えた高速大容量通信インフラを整備するとしている。

 これらは、以下の実現に向けて実施される。

  1. 誰1人取り残すことのない個別最適化された学習活動の実現
  2. 「基礎的・基本的な知識・技能の習得」「思考力・判断力・表現力等の育成」「学習意欲の向上」の実現
  3. 教員の児童生徒と向き合う時間の創出
  4. 教育情報セキュリティの確保とシステムの最適化
次期学校イントラネット構成概要

次期学校イントラネット構成概要

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0