EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

子どもにさせている習い事「運動系」が最多、新型コロナ禍で「プログラミングをさせたい」という保護者も

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/18 15:10

 PLAN-Bは、同社が運営するカジナビが、小学生以下の子どもを持つ保護者732名を対象に実施した、「子供の習いごと」に関するアンケート調査の結果を3月17日に発表した。同調査は、2月14日~16日の期間に行われている。

 調査対象者に、子どもに習い事をさせているかを尋ねたところ、7割超の子どもが習い事をしていることがわかった。年齢別では、7歳以上になると約9割の子どもが習い事をしている。

 習い事をさせている理由としては「子どもがやりたがった」、習い事をさせていない理由としては「年齢的にまだ早い」が最多となった。

 現在、子どもにさせている習い事の種類としては、水泳・サッカーなどの「運動系」が最多で、学習塾などの「学習系」、ピアノなどの「音楽系」がそれに続く。

 子ども1名あたりの習い事に、どれくらいの月謝を払っているかを尋ねた質問では、「5000〜1万円未満」(41%)がもっとも多く、「5000円未満」(16%)と合計すると、10,000円未満が57%に達している。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、習い事に対する考え方に変化があったかを尋ねたところ、「特に考えは変わらない」(55%)が最多で、「オンラインでできるものを」(18%)がそれに続いた。また、「プログラミングをさせたい」(3%)という回答も寄せられている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0