EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

学生の表情分析なども行えるオンライン授業支援システム「TeacherView」が発売、無償試用キャンペーンも実施

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/17 13:03

 ワッセイ・ソフトウェア・テクノロジーは、クラウド型オンライン授業・学習支援システム「TeacherView(ティーチャービュー)」の国内販売を2月16日から開始した。

 「TeacherView」は、イスラエルのRadix Technologies社が開発するオンライン授業に最適化されたビデオツールと授業支援ツールが一体化したクラウドプラットフォーム。WebブラウザのChrome上で動作するため、OSやデバイスなどの実行環境の違いを気にせずに、双方向性のあるオンライン授業の実施を支援する。

 学生の画面と表情(カメラ映像)を同時にサムネイルで一覧表示したり、AIによる表情分析や「よそ見」検知の機能を活用したりすることで、リモート環境下でも個々の学生の進捗が把握しやすいようになっている。

 共同編集できる多機能なホワイトボード、挙手ボタン、チャット(一対一/グループ)、アンケート/クイズ機能なども用意されている。

 GoogleアカウントやMicrosoftアカウントでのログイン、Google Classroomとの連携なども行うことができ、授業準備の負担なども軽減できるようになっている。

 先生単位のライセンスで提供され、作成できるクラス数と登録できる学生数は無制限。価格はオープン価格で、参考価格として税別3万5000円/年が挙げられている。サイトライセンスも用意されている。

 また、日本での提供開始を記念して、1年間使用できる先生ライセンス100名分を抽選で無償提供するキャンペーンも、2月16日~3月31日の期間で実施している(1校あたり最大10名まで)。応募はキャンペーンページで受け付けている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0