EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

新型コロナ禍で保護者が学校に求めるのは「子どもたちが学びたくなる授業」の実施

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/19 10:10

 マザークエストは、保護者を対象に実施した、緊急事態宣言下における休校中の学校の対応や、ICT環境に関するアンケート調査の結果を、1月18日に発表した。

 同調査は、小学生~大学生の子どもを持つ保護者に対して10月13日~31日の期間に行われ、158名(家庭数134)から有効回答を得ている。

 同調査によれば、保護者は学校に対して、「学習の遅れを取り戻す」ことよりも「子どもたちが学びたくなる授業が行われれる」ことへの期待が高いことが明らかになった。

保護者が学校に期待すること
保護者が学校に期待すること

 学校休校中の対応に対する満足度を尋ねた質問からは、公立と私立で大きな差があり、その理由はオンライン環境の有無ではなく、学校側からのアクションが乏しかったため、不安や混乱が発生したことにある。

休校中の学校への満足度
休校中の学校への満足度

 学校教育へICTを導入する時期については、「公平を重視して学びを止めるのではなく、できることから始めて、できるだけ早く導入したほうがいい」という回答がもっとも多かった。

学校教育にICTを導入する時期について
学校教育にICTを導入する時期について

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0