EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

「embotアイデアコンテスト2020」最終選考会を開催、最優秀賞は小学4年生の佐藤航さん

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/15 16:40

 インフォディオは、embotアイデアコンテスト2020実行委員会と共同で主催する「embot(エムボット)アイデアコンテスト2020」の最終選考会を12月6日に開催し、各種受賞者を発表した。

 「embotアイデアコンテスト2020」は、小学生を対象にしたコンテスト。アイデアを形にし、プログラミングスキルを活用した「デジタルなモノづくり」に挑戦するための目標や成果発表の場を提供することで、次の学びのステップへつなげてもらいたいと開催されている。

 最終選考会では、タカラトミー、インフォディオ、およびembotにゆかりの深い小学校教員が審査員として参加し、「アイデア力」「工作力」「表現力」の観点から審査を行い、各賞を決定した。

 最優秀賞に選ばれたのは、大阪府の小学4年生である佐藤航さんの「ぼくのめざましロボ」で、朝起きられないお母さんのために作られ、スマートフォンを操作しないと音楽が止まらない仕掛けとなっている。

最優秀賞に選ばれた佐藤航さんと「ぼくのめざましロボ」
最優秀賞に選ばれた佐藤航さんと「ぼくのめざましロボ」

 そのほか、インフォディオ賞には村元蓮さん(大阪府・小学6年生)の「角度合わせゲームロボット」、タカラトミー賞には鳥越優希さん(東京都・小学4年生)の「embot makes you fun!!! 2 with 人生くん」と村元奏太さん(大阪府・小学4年生)の「マジックするロボット」、MasterNu賞には堀内智生さん(愛知県・小学4年生)の「ハラハラ!恐竜embot!」が選ばれた。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0