EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

桐蔭学園、在園児・在校生・在学生の9割超が「オンライン授業が受講・学習できる」、大規模調査から明らかに

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/22 15:05

 桐蔭学園は、同校の在園児・在校生・在学生を対象に実施した「在宅中の生活・学習状況調査」の結果を、5月20日に発表した。

 今回の調査は、新型コロナウイルス感染症の影響による自宅学習期間の、園児・児童・生徒・学生の生活・学習を支援するために、在宅時のインターネット環境、生活状況(ストレス状況、生活リズムなど)、学習状況といった全23項目について、同校のIR調査・分析の所轄部門であるトランジションセンターが担当している。

 調査結果によれば、在宅で「オンライン授業が受講・学習できる」と回答したのは幼・小が98.3%、中・高・中等教育が93.9%、大学が93.6%だった。

 その他の項目では、自宅学習期間中に「学校の学習をしている」と答えたのは中学生で90.4%、生活面では同じく79.7%が「ほぼ規則正しい生活ができている(食事・睡眠)」と回答している。

 同校は、この調査結果をもとに他の園児・児童・生徒・学生の模範となる生活・学習者30名のビデオレターを学園内YouTubeで配信した。このビデオレターは、同世代のロールモデルを提示することで、不安になりがちな生徒のモチベーションや帰属意識の向上を目的としたもので、学園内での評判は良好で教育的な効果も得られている。

 同校ではほかにも、自宅学習期間に各学校で在園児・在校生・在学生同士が学内ネット上でつながる企画を展開している。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0