EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

「EnglishCentral」、単語学習システムを一新、学校向けに「単語4技能テスト」提供

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/12/06 15:00

 オンライン英語学習サイト「EnglishCentral」を提供するEnglishCentralは、新学習指導要領が施行される2020年度に向けて英単語学習の仕組みを一新し、新たに「書く」「話す」運用能力を強化する「ボキャブラリービルダー」と、学校での英単語学習を支援する「単語4技能テスト」をリリースした。

 これまで「EnglishCentral」では、各動画内での「学ぶ」機能を利用したリスニングによる単語穴埋め学習と、例文を読んだり聞いたりして、該当する日本語の意味を4択で選ぶ「単語クイズ」機能での英単語の習得を推奨してきた。これにより、生きた文脈の中で英単語学習が可能となり、リーディングやリスニングなどの能力を高めることができる。

 今回新しく開発した「ボキャブラリービルダー」では、英語圏の新聞や雑誌、TVなどのメディアで頻繁に使われる単語を抽出して作成した単語リスト(High Frequency Word List)に基づき、英語学習者にとって必要な英単語を効率的に学習できる。加えて、例文中の空欄に当てはまる英単語を品詞の種類と日本語の意味から推測してタイピングまたは発音して回答するクイズも備えており、ライティングやスピーキングといったアウトプット型の能力も高めることができる。

「教師ツール」のレポート機能(サンプル )

「教師ツール」のレポート機能(サンプル )

 また学校向けとして、対象となる英単語リストと出題形式を設定すれば自動的に毎週単語テストの配信・採点・結果集計が可能となる「単語4技能テスト」もリリースした。問題の作成や回答の採点は不要で、結果はすべて「教師ツール」という管理画面に集計される。さらに、教師はテストの配信と締め切りの時間を設定することができるので、授業内で単語小テストの時間を設けて実施することができる。2回目以降のテストからは、出題の80%が前週までに出題された問題のレビュー、残りの20%は新たな学習単語となるため、学期を通じて頻出単語のリストを着実に復習しながら語彙を習得することが可能。

 「単語4技能テスト」の価格は1アカウント1200円で最大1年間利用できる。また、動画学習とのパッケージでは4カ月プランで1アカウント3000円、12カ月プランでは1アカウント5800円となっている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0