EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

「Qubena」、導入による学習速度や平均点の向上が確認される

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/25 18:30

 COMPASSは、同社が提供しているAI型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」が、戸板学園 三田国際学園中学校に指導の一環として採用・導入され、約半年間の利用を経て一定の効果が確認できたことを、11月25日に発表した。

三田国際学園中学校、AI型タブレット教材「Qubena」導入による一定の効果を確認
三田国際学園中学校、AI型タブレット教材「Qubena」導入による一定の効果を確認

 三田国際学園中学校では、各教科でトリガークエスチョンから始まる相互通行型授業を学習の柱としており、「Qubena」の導入は「授業のスマート化」「基礎学力の定着」「自律した学習者の育成」を補うことを目的に、2019年4月から行われている。

 導入にあたっては、アダプティブラーニングで1人ひとりのレベル・ペースに合わせて効率的な学習が可能な「Qubena」の特長が高く評価された。

 同校での導入対象は、中学1年生・2年生の計428名で、週6コマある数学の授業のうち3コマで、基礎の定着を目的として「Qubena」を用いた演習を実施したほか、「Qubena」のワークブック機能を利用した単元ごとの到達度テストの作成・実施、朝学習の時間のマスターモードでの学習の定着などが行われている。

 「Qubena」の導入によって、これまでは3年生の2学期までに終わらせていた中学校の教育課程を、2年生の3学期までに全課程を終えるカリキュラムへと変更するなど、学習速度が向上したほか、テストの平均点向上や、演習量が増加したといった効果が同校から報告された。

 さらに、「Qubena」を実際に利用した生徒からは、「計画的に学習ができるようになった」「自分の得意不得意の単元を把握することができるようになった」といった感想が寄せられている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0