Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

「すらら」学習者が努力量を競う「すららカップ」、12月1日から実施

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/21 10:05

 すららネットは、同社が提供しているクラウド型学習システム「すらら」の学習者が努力の量を競う大会「すららカップ」を、12月1日~2020年1月31日の期間に実施する。

すららカップ

 「すららカップ」は、偏差値や点数ではなく「総学習時間」といった“どれだけ努力したか”を指標に、学年や居住地域を問わず、すべての「すらら」学習者同士が競い合う大会。

 努力指標と努力の成果である成績向上を意識することで、「やればできる」というマインドセットを醸成することを目的としている。

 16回目となる今回からは、「個別に学習計画を立てて(目標設定)、自分の立てた目標の達成に向けて計画を随時更新しながら学習を進める」という要素を取り入れた「ミッション達成部門」を新設した。

 また、これまでは3名でのチーム編成だった「チーム対抗部門」を、2名または3名で参加可能にしたため、兄弟・姉妹でも参加しやすくなっている。

 対象科目は国語・数学(算数)・英語で、学習範囲は「すらら」小1~高3、すらら英単語、漢字学習コンテンツ。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0