Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

生徒が主役の授業に! iPadや英語学習アプリを活用する宝仙学園中学校

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/06 07:00

 今や教育現場にICTは欠かせないものとなっており、iPadなどのタブレット端末も普及しつつある。東京都中野区にある宝仙学園中学校では、昨年から生徒1人に1台のiPadを導入し、多くの授業で活用している。その推進役の1人が、同校 総務部長 英語科主任の對馬洋介先生だ。先生の英語の授業ではiPadと共に、リクルートマーケティングパートナーズが提供するオンラインの英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」をツールのひとつとして活用、生徒が自主的に勉強するような授業を組み立てている。どのような授業を行っているのか。その様子を紹介すると共に、ICT活用の効果などについて話を伺った。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 中村 仁美(ナカムラ ヒトミ)

     大阪府出身。教育大学卒。大学時代は臨床心理学を専攻。大手化学メーカー、日経BP社、ITに特化したコンテンツサービス&プロモーション会社を経て、2002年、フリーランス編集&ライターとして独立。現在はIT、キャリアというテーマを中心に活動中。IT記者会所属。趣味は読書、ドライブ、城探訪(日本の城)。...

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0