Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

AI活用のタブレット教材を提供するatama plusが、ジャフコとDCMベンチャーズから15億円の資金調達を実施

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/05/13 12:50

 atama plusは、ジャフコとDCMベンチャーズがそれぞれ運営するファンドを引受先とする第三者割当増資を実施することで、5月にシリーズAラウンドで約15億円の資金調達を実施したことを、5月13日に発表した。今回の資金調達によって、同社の累計調達総額は約20億円となる。

 同社は、生徒が“基礎学力を最短で身につける”ことを目的に、AIを活用した中高生向けタブレット型教材「atama+(アタマプラス)」を、全国の塾や予備校に提供している。

 「atama+」は、生徒1人ひとりの「得意」「苦手」「伸び」「つまずき」「集中状態」といったデータを、「アタマ先生」と名づけられたAIが分析し、1人ひとりに合った“自分専用レッスン”をつくることで、学習の効率化を実現する。同教材は栄光、学研塾ホールディングス、ティエラコムなど500以上の教室に導入されており、それらの教室で集められたデータを元に、日々アルゴリズムやコンテンツが最適化される。

 2019年からは、駿台教育センター、Z会エデュース、城南進学研究所などで「atama+」に特化したAI学習コースが新設されている。

 今回の増資によって、同社は開発スピードをさらに加速し、1人ひとりの生徒の満足度を最大化できるプロダクトの強化および学習塾各社へのサポート体制を強化していく。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0