Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

これからの英語教育で、テクノロジーとどう付き合う?――オンライン英会話のきっかけ

現場から考える、これからの新しい英語学習~オンライン英会話導入で何が変わるの? 第1回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/12/07 07:00

 東洋英和女子学院大学では、オンライン英会話の実証実験として2017年に半期の授業を実施し、分析の結果一定の効果が認められたので、学部全体への導入が決まっています(2019年度より開始)。その導入をリードしていらっしゃる竹下裕子教授。教育委員会や高校の教員としての経験もお持ちです。本連載では、竹下教授の現場での経験から学校現場に「オンライン英会話」を導入するにあたって本当に必要な心構え、ICTを活用した英語教育の考え方について語っていただきます。第1回となる本稿では、これからの英語教育が目指すべきところと、教育現場でテクノロジーが起こしうる変化、そして教員としてそんなテクノロジーとどう向き合っているのか紹介します。(編集部)

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 竹下 裕子(タケシタ ユウコ)

     東洋英和女学院大学国際社会学部国際コミュニケーション学科教授。日本「アジア英語」学会会長、NPO法人グローバル・ヒューマン・イノベーション協会理事長、一般社団法人グローバル・ビジネスコミュニケーション協会理事など。大学では、英語と異文化間コミュニケーションの授業を担当しながら、日本人以外の学生の指...

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0