SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

保育に関連するICT能力を見える化する「保育ICT検定」が創設

 保育ICT推進協会は、保育のICT化に前向きに取り組んでいる職員・施設を応援する取り組みの一環として、保育のICTに関する能力の見える化を目的とした「保育ICT検定」を創設・実施することを、1月24日に発表した。2月18日に同検定「初級」の実施を予定しており(無料)、同資格の取得によって保育施設内でICTを推進している職員の後押しや人材育成が可能になる。

 「保育ICT検定」は、保育現場で必要とされているITの知識を深めるとともに、ICTの知識と活用スキルを持った人材の育成、園内で職員がICTの知識を共有することで、問題発生時でも自分たちで解決に導ける、自走できる施設への移行、能力を見える化することによる、ICT活用を推進している職員の後押しを目的としている。

 2月18日に検定の実施を予定している「初級」は、

  • ICTの基礎知識
  • 保育システムについて

の知識を測るもので、ICTシステムを積極的に活用でき、施設内のICT化プロジェクトに参画可能なレベルとして認定する。全国で多くの導入実績があるコドモンを例に、保育システムの基本機能などを取り上げることで、より実践的なICT化について学べる。

 受験対象は以下の通り。

  • 保育者(保育施設関係者)
  • 保育とICTに興味のある人
  • 保育士を目指す学生

 受験料は無料で、オンライン事前講座(30分)を受講した後に、試験用ページへアクセスしてオンラインで受験する。なお、講座後の試験正答率65%が合格となる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/8773 2023/01/25 13:45

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング