SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

2021年度の国内パソコン出荷台数、GIGAスクール特需の反動により過去最高の前年度から一転し33%減【MM総研調査】

 MM総研は、2021年度(2021年4月~2022年3月)における国内パソコン出荷台数調査の結果を、6月2日に発表した。

 調査結果によれば、2021年度の国内パソコン出荷台数は、前年度比33%減の1158.3万台で、1995年の調査開始以来最高だった前年度からは一転して、大幅な減少となっている。メーカー別の出荷台数シェアでは、1位のNECレノボが前年度比11.5ポイント減のシェア25.1%だった。

国内パソコン出荷台数シェア(2020年度/2021年度)
国内パソコン出荷台数シェア(2020年度/2021年度)

 個人市場向けの出荷台数は、前年度比15.5%減の407.2万台で、シェアはアップルが2.2ポイント増で3位となっている。

個人市場向け出荷台数シェア(2020年度/2021年度)
個人市場向け出荷台数シェア(2020年度/2021年度)

 法人市場向けの出荷台数は、前年度比39.7%減の751.1万台と大幅減となった。GIGAスクール向けを除いた通常の法人市場は、前年度比12.1%減の約673万台に留まっている。シェアは、2位の日本HPが19.6%で、3位のデル、4位の富士通、5位のDynabookがそれぞれシェアを上げた。

法人市場向け出荷台数シェア(2020年度/2021年度)
法人市場向け出荷台数シェア(2020年度/2021年度)

 2022年度のパソコン出荷台数は、前年度比1%減となる1147万台を見込んでおり、個人市場は2.3%増の416.5万台とほぼ横ばいを予想している。また、法人市場はGIGAスクール特需の反動が一部に残ることから、前年度比2.7%減の730.5万台を見込む一方、通常の法人需要は4%増の700万台と予想する。

国内パソコンのルート別出荷台数
国内パソコンのルート別出荷台数
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7646 2022/06/09 11:55

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング