SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

私立学校のWebサイト、6割超がSSL化に非対応。約6割はGA4への移行も行われていないことが明らかに【PLANEd調査】

 PLANEd(プランド)は、私立学校2350校を対象に実施した、サイト検証の結果を6月7日に発表した。

 同調査は、私立学校2350校のサイトが安全に運営されているかなどを検証する目的で行われており、調査の結果6割超の学校が、有効なセキュリティ対策の一部であるSSL化に対応をしていない(常時SSL非対応含む)ことが明らかになっている。

 さらに、「Googleアナリティクス4」への移行未実施の学校が1339校に達しており、約6割の学校が今後自校ホームページへのアクセス数などが分析できなくなることがわかった。

 米Googleは、「Chromeでは混合コンテンツをブロックする」と発表しており、SSL化されていない多くの学校サイトが閲覧不可になるとともに、通信が暗号化されていないことで個人情報漏洩などのリスクにも脅かされる。そのため、SSL化対応は火急の事項であり、対応しなければ学校の信頼度低下にもつながりかねない。

 また、米Googleは2022年3月に「Universal Analytics(UA)」計測終了を発表しており、無償版の計測終了日は2023年7月1日までとなる。継続してアクセス解析を実施したい場合には、新バージョンである「Googleアナリティクス4(GA4)」への移行が求められており、移行手続きを行わなければサイトへの訪問数が確認できなくなるだけでなく、過去のデータを遡って参照も行えなくなる。

 そこで同社では、SSL化やGA4未対応の学校に向けた「SSL化設定代行プラン」「GA4設定代行プラン」の提供を開始した。「SSL化設定代行プラン」は、SSL証明書の取得代行やサーバー設置、SSL反映確認に対応し、費用は1万6500円(SSL証明書の取得費除く)。

 「GA4設定代行プラン」では、GA4アカウント(プロパティ)の作成や、Webサイトへのコード設置、データ取得検証、WebサイトのGoogle Analytics用コードの調査に対応し、費用は4万9500円となっている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7641 2022/06/08 14:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング