SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

小中高生の保護者、習い事選びは「子どもがやりたがっているか」を重視【栄光ゼミナール調べ】

 栄光は、同社が運営する学習塾「栄光ゼミナール」が小学1年生~高校3年生の子どもを持つ保護者を対象に実施した、「小中高生の習い事に関する調査」の結果を3月17日に発表した。同調査は、2月16日~3月2日の期間に行われ、408名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、自身の子どもがこれまでに習い事をしたことがあるかを尋ねたところ、小学生の保護者の97.5%、中高生の保護者の99.0%が「ある」と回答した。経験のある習い事としては、小学生の保護者、中学生の保護者ともに「水泳」「英語・英会話」「ピアノ・バイオリンなど音楽」が過半数を占めており、とりわけ「水泳」は小学生の75.6%、中高生の82.7%が経験している。また、「習ったことはないが、子どもの興味・関心はある」割合が高かったのは小学生、中高生ともに「理科実験」「プログラミング」で、習い事を辞めてしまった時期は、小学生では「小学3・4年生の間」、中高生では「小学5・6年生の間」が最多だった。

 自身の子どもが習い事をしたことがあると答えた保護者に、習い事を選ぶ際に特に重視したことを尋ねた質問(複数回答)では、「子どもがやりたがっているかどうか」がもっとも多く、「曜日や時間帯の都合が合う」「子どもの将来に役立ちそうかどうか」がそれに続いている。

 同じく、自身の子どもが習い事をしたことがあると答えた保護者に、もっとも長く続いている、または続けた習い事について、その理由を尋ねたところ(複数回答)、「子どもが続けたいという気持ちがあるから」が最多となり、「ともに続けている友人がいるから」という理由は、小学生の保護者よりも中高生の保護者の方が、5ポイント以上高かった。

 自身の子どもが習い事をしたことがあると答えた保護者に、これまでに子どもが習い事を辞めた、もしくは辞めたいという気持ちになったことがある場合の、きっかけを尋ねた質問(複数回答)では、「習い事よりも勉強の優先順位が高くなった」が小学生の保護者で43.5%、中高生の保護者で51.0%を占めてもっとも多く、「子どもが辞めたいと言った」「曜日や時間の都合が合わない」を挙げる回答も3人に1人に達している。また、「その他」には新型コロナウイルス感染症への心配で通いにくくなった、という意見も含まれる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7254 2022/03/19 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング