SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

子ども向けプログラミング体験イベント「Hour of Code Japan 2017」に全国で4万2000人が参加

 みんなのコードは、平成29年12月の「コンピュータサイエンス教育週間」に全国で実施した子ども向けプログラミング体験イベント「Hour of Code Japan 2017 ~社会みんなで実現する全国プログラミング!~」の参加者数が、合計で4万2000名であったことを、1月15日に発表した。

 「Hour of Code Japan 2017 ~社会みんなで実現する全国プログラミング!~」において、子どもたちはプログラミングの基礎を学んだ後、協力会社である日本マイクロソフトや富士電機ITソリューション、アドビシステムズが提供する、さまざまなプログラミング・ワークショップを体験している。

Hour of Code Japan 2017
「Hour of Code Japan 2017 ~社会みんなで実現する全国プログラミング!~」の様子

 保護者向けには、シマンテックによるネットセキュリティに関するセミナーが開催され、保護者が知っておくべきセキュリティ問題やその対策方法などが、わかりやすく解説された。

 12月4日~10日までの具体的な参加者数は、オフライン参加(全国の会場での参加)が1503名、オンライン参加(ニコニコ生放送などインターネット経由での参加)が4万458名で、合計参加者数は4万1961名。また、同期間中にインターネット経由で「Hour of Code」の無償プログラミング教材を使用した人の数は合計で7万2000名に達した。

 「Hour of Code」は、米Code.orgが中心となって展開している、「すべての児童・生徒がコンピュータサイエンスを学ぶ機会を得る」ことを目的としたプログラミング教育推進活動。毎年12月の「コンピュータサイエンス教育週間」に開催され、これまで全世界で約4億5000万人の児童・生徒が参加している。


【関連リンク】
みんなのコード
「Hour of Code」

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/684 2018/01/16 17:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング