SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

GIGAスクール構想対応シングルボードコンピュータ「GIGA IchigoDake」が発売

 ナチュラルスタイルのPCNマーケティング事業部は、シングルボードコンピュータ「IchigoDake」の新機種で、GIGAスクール構想に対応する「GIGA IchigoDake」を、12月22日にPCNのWebサイトにて発売した。税込価格は2200円。

GIGA IchigoDake
GIGA IchigoDake

 「GIGA IchigoDake」は、「IchigoDake」のハイグレードモデルで、専用ドックステーション「IchigoDyhook」に接続して使えるほか、一般的なパソコンのUSBポートに接続して使用することも可能で、より幅広い環境で手軽にプログラミングを学べるようになった。

使用イメージ
使用イメージ

 パソコンとの接続時には、UART(Universal Asynchronous Receiver/Transmitter)で通信を行うため、シリアル通信ターミナルソフトや専用アプリ「CutleryApps(カトラリーアップス)」「DirectApps(ダイレクトアップス)」を使用できる。また、Webブラウザでも動作する「CutleryApps」や「DirectApps」を使えば、Chromebookでのプログラミングが可能になる。

 「IchigoJam」でも採用されているRISC-Vチップを搭載したことで、プログラムの実行速度が向上したほか、USBキーボードへの対応、すべてのINポートがANA入力に、すべてのOUTポートがPWM出力に対応するとともに、新たにDAC出力に対応するなど、さまざまな面でパワーアップが行われた。

 なお、「カムロボスクールセット」をはじめとする、「IchigoDake」用の周辺機器もそのまま使用できる。

 今後は、JavaScript、FORTH、Ruby、Pythonに似た言語でプログラミングが可能な、IchigoLatte版の発売も予定している。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6836 2021/12/24 15:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング