SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

小学生対象の「embotアイデアコンテスト 2021」、最優秀賞はiPadを収納する宝箱に

 小学生を対象としたロボットプログラミングのコンテスト「embotアイデアコンテスト 2021」の最終選考会および表彰式が、10月31日にオンライン開催された。

 「embotアイデアコンテスト」は、子どもたちに「プログラミングのスキルを用い、アイデアを形にする“デジタルなモノづくり”に挑戦してもらいたい」という想いから2019年にスタートし、今回で3回目となる。

 同コンテストでは、タカラトミーから発売されているプログラミング教育ロボット「embot」を使用して、小学生が自由な発想でつくりあげたオリジナルのロボット作品を「アイデア力」「工作力」「表現力」の3つの観点で審査し、優秀作を表彰している。

 最優秀賞には、大阪府の小学6年生・宮﨑勇斗さんの「守れ宝箱! ぼくのスーパーembotくん」が選ばれた。同作品は、iPadを宝箱の蓋の部分に収納しており、蓋を開けると「スーパーembotくん」から警告音が鳴り響く防犯ロボットと宝箱で、宝箱のロックは収納したiPadを取り出して、一定の順序で傾けると解除できる。

最優秀賞に選ばれた「守れ宝箱! ぼくのスーパーembotくん」
最優秀賞に選ばれた「守れ宝箱! ぼくのスーパーembotくん」
宮﨑勇斗さん
宮﨑勇斗さん

 ゲームで、主人公が宝箱をどんどん開けてしまうのを見て簡単に開けられない宝箱をつくることを思い付いたとのことで、宝箱やロボットの「スーパーembotくん」はRPGに出てくるキャラクターのようなデザインになっている。「作るのに苦労した」という宝箱は、木目のシートを丁寧に貼り付けており、他の参加者から「ほしくなる」というコメントも寄せられた。

 タカラトミー賞には、大阪府の小学3年生・樋口ことはさんの「ペンペンファッションリーダー」、インフォディオ賞には、大阪府の小学5年生・佐藤航さんの「なんじ?なんぷん?ちくたっくん」、島村楽器賞には、大阪府の小学4年生・川本倖生さんの「花火embot」、キッズスター賞には、東京都の小学2年生・小西慶義さんの「フィッシャーマンembot」、イオンリテール賞には、愛知県の小学4年生・脇田理世さんの「ハムハムだるま落とし」、旭化成ホームプロダクツ賞には、大阪府の小学5年生・酢豚のパイナップル(岩野新さん&清水悠介さん)の「ハンドボールガチ勢」が、それぞれ選ばれている。

決勝大会に出場した12組と審査員
決勝大会に出場した12組と審査員
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6612 2021/11/12 11:40

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング