SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

ニュース

競技プログラマー対象の就職企業人気ランキング、学生・社会人ともにGoogleがトップ【AtCoder調査】

 AtCoderは、同社の発行するAtCoderIDを持つ競技プログラマーを対象に実施した、「AtCoder 競技プログラマー就職企業人気ランキング2021」の結果を、10月30日に発表した。同調査は8月に行われ、219名(学生:113名、社会人:95名、その他:11名)から有効回答を得ている。

 調査結果によれば、就職したい企業の人気ランキングは、学生では競技プログラミングコンテスト「Google Code Jam」を開催するGoogleがが1位で、競技プログラマーが多く在籍するPreferred Networksとヤフーが同率2位、インターンやアルバイトで競技プログラマーを積極的に受け入れているフューチャーが3位にランクインした。また、トヨタ、ソニー、NEC、鹿島建設、キーエンスといった非IT企業も上位にランクインしている。

 社会人では、1位がGoogle、2位がAmazonで、3位にはマイクロソフトとPreferred Networks、リクルートが同率でランクインした。AtCoderのコンテスト協賛や、AtCoderが運営する転職・求職サービス「AtCoderJobs」を通じて競技プログラマーに馴染み深い、キャディ、Indeed、鹿島建設、フューチャー、エムシーデジタルも上位となっている。

 就職を希望する企業を選んだ理由としては、学生・社会人ともに「給与や賞与が高い」「成長できる環境」「優秀な先輩(エンジニア)がいる」「福利厚生制度が充実している」「社会貢献度が高い」が上位を占めた。社会人では、「一般的に著名な企業である」と「既に競技プログラマーが入社している」が同率で7位にランクインしている。

 AtCoderレーティング別では、レーティングが高いほど「自身のスキルが活かせる」「すでに競技プログラマーが入社している」「社員の人間関係」が上位にランクインした。

 希望業種では、学生・社会人ともに「ソフトウェア」「インターネット」が上位となり、3位以下は幅広い業種への関心がみられる。

 希望職種としては、学生では研究職、ソフトウェアエンジニア、データサイエンティスト、システムエンジニア、総合職の順となっている。一方、社会人ではソフトウェアエンジニア、データサイエンティスト、Webエンジニア、研究職、サーバエンジニア、システムエンジニアとなり、学生と比較するとエンジニア職種が上位にランクインした。

関連リンク

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6555 2021/11/02 12:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング