SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

アマゾン、日本における「Amazon Cyber Robotics Challenge」プログラムの提供を開始

 アマゾンジャパンは、日本で開始した無料のコンピュータサイエンス教育プログラム「Amazon Cyber Robotics Challenge(アマゾン・サイバー・ロボティクス・チャレンジ)」の第1回目となるイベントを、10月26日に開催したことを発表した。

 同イベントは、日本YMCA同盟との連携によって、みその聖園子供の家の子どもたちを対象に行った。今後は同プログラムを関東甲信越地方の児童養護施設で暮らす子どもたちを対象に展開し、2022年1月以降は全国の児童養護施設のうち、約1万名に対象を拡大する。

みその聖園子供の家で行われた「Amazon Cyber Robotics Challenge」プログラムの様子
みその聖園子供の家で行われた「Amazon Cyber Robotics Challenge」プログラムの様子

 同プログラムは、ロボットを使った活動やゲームを通じて、子どもたちの創造性や問題解決能力を高め、幼少期からSTEM分野への興味を喚起することを目的としたオンライン学習プログラム。

 米CoderZとのパートナーシップのもと開発した同プログラムは、コンピュータサイエンスとロボット工学を活用し、米Amazonにおける商品の配送の流れを基にした演習問題を解くことで、コーディングの基礎を学べる。また、演習問題は、Amazonの物流拠点であるフルフィルメントセンターで稼働する「Amazon Robotics」の仮想版のロボットを動かすためのコーディングを行う「ロボットトレーニングミッション」が中心となっている。

 同プログラムは、コンピュータサイエンスに関心のある子どもたちが、学習機会を容易に得られるよう、Amazonがグローバルで展開するコンピューターサイエンス教育プログラム「Amazon Future Engineer(アマゾン・フューチャー・エンジニア)」の一環として実施される。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6531 2021/10/28 17:03

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング