SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

高校生向け全国ビジネスプランコンテスト「Japan Challenge Gate 2022」が募集開始

 ゼロワンブースターは、同社が中小企業庁から委託を受けて運営する、中小企業庁主催の高校生向け全国ビジネスプランコンテスト「Japan Challenge Gate 2022」のビジネスプラン募集を、10月12日に開始した。

 「Japan Challenge Gate」は、全国の高校生などの自由な発想や、地域課題解決の視点から生まれたビジネスプランを募集し、優秀なプランを表彰するコンテスト。

 ファイナルイベントに残ったビジネスプランには、現役VCや著名ベンチャー経営者などからフィードバックを受けられる機会が提供される。

 募集対象は、学校教育法第一条で規定する高等学校、高等専門学校(1~3年生)、中等教育学校(後期中等教育段階)、特別支援学校(高等部)などに在籍する、個人またはチーム。応募は、専用のエントリーフォームで受け付けており、締め切りは11月30日。

 1次審査(書類審査)は12月、2次審査(面接)は2022年1月中旬の予定で、2次審査においてファイナリスト8組(予定)が選出される。

 最終審査(プレゼンテーション)は、2022年2月18日の開催で、事前に提出したプレゼンテーション動画を審査員が視聴後に、オンラインにて質疑応答を行った上で、各賞が決まる。

 審査においては、事業アイデア、事業の具体性、収益性、表現力を基準に評価が行われる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6450 2021/10/14 06:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング