SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

グローバルインフォメーション、高等教育ソリューション市場は2030年末には406億米ドルを超えると予想

 グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「高等教育ソリューション市場(コンポーネント:ソフトウェア&サービス、展開:オンプレミス&クラウド、機関のタイプ:公共&民間):世界の業界分析・市場規模・シェア・成長・動向・予測(2020~2030年)」(Transparency Market Research)の販売を、10月7日に開始した。

 同レポートによれば、高等教育ソリューション市場のソフトウェア・プロバイダーは、新型コロナウイルス感染症の感染が拡大した際に、大学管理ソフトウェアなどを教員や管理者に無料で提供することに踏み切っており、ほとんどの大学がオンライン授業を選択したため、大学管理ソフトウェアでは無料の大学コースや個人指導サービスが注目を集めたことが紹介されている。

 Black Lives Matterキャンペーンは、カリキュラムリソースガイドの形で採用され、高等教育ソリューション市場の企業が無料でダウンロードできるようになっている。そのため人種差別や抑圧に関する情報認識を促進し、健全な教室環境をオンラインで構築しており、DIY(Do it yourself)マスクの作成に興味のある学生向けに、3Dプリントされた呼吸用マスクのレッスンに関する情報発信を可能にした。

 高等教育ソリューション市場は、2030年末には406億米ドルを超えると予想される一方で、データセキュリティ、データを活用した文化の創造、デジタル統合といった、高等教育における技術やITに関するいくつかの課題が、市場の成長を阻害しているとされる。そのため、高等教育ソリューション市場の企業は、教育機関が技術面でより早く適応できるよう、IT導入コストの低下などのメリットを教育機関に提供している。また、ITソリューションにおけるコンポーネントのアウトソーシングが、IT管理にかかる時間の短縮につながり、大学におけるデジタル統合を促進する要因になっていると考えられる。

 新型コロナウイルス感染症の世界的な流行は、仮想学習プラットフォームに革新をもたらしており、市場は予測期間中に20%という驚異的なCAGRで成長すると予測している。仮想学習を可能にするソフトウェアを作成するには、長期的な計画が必要であり、高等教育ソリューション市場の企業は、成熟したデジタル学習エコシステムの構築に向けた取り組みを強化する。ソフトウェア開発者は、学生が単調な動画を継続的に視聴するだけでなく、アクティビティベースの学習を必要としていることを認識しつつある。このような傾向から、教育ソフトウェアソリューションではゲーミフィケーションやガイド付きプロジェクトの導入も進められている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6440 2021/10/12 10:50

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング