SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

学習プラットフォーム「Monoxer」の小テスト機能がアップデート、記憶定着からテストにおける確認までを一元化

 モノグサが提供する記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer」は、「小テスト機能」のアップデートを、9月22日に発表した。今回のアップデートによって「Monoxer」上で作成したBook(問題集)をそのまま「Monoxer」上の小テストとして使うことができるため、記憶定着からテストにおける確認までを「Monoxer」上で完全に一元化できるようになった。

「Monoxer」
「Monoxer」

 「小テスト機能」は、児童・生徒が学んだ内容を「Monoxer」上で小テストにし、AIが自動採点する機能で、2021年4月に正式リリースされた。作成する小テストは配点、制限時間、難易度の設定が可能で、択一問題から英単語や漢字を入力する問題まで、これまで紙でできていたことはもちろん、デジタルならではのテストをつくることもできる。

 これまでは、先生が児童・生徒に憶えてもらいたい項目をBook(問題集)として作成し、その確認をするための小テストは別途つくる必要があった。今回のアップデートにより、学校や塾の先生にとってより手間がない形で、記憶定着から確認テストの実施までのフローをサポートすることが可能となった。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6371 2021/09/30 08:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング