Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

「プログラミングクラブネットワーク」、学校用プログラミング教材「IchigoDake スクールシリーズ」の提供を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/12/12 15:40

 子どもたちにプログラミングの機会を提供している「プログラミングクラブネットワーク」は、プログラミング専用パソコン「IchigoJam」を学校での1人1台環境に適用した学校用プログラミング教材「IchigoDake スクールシリーズ」として、「IchigoDake」「IchigoIgaiスクールセット」「paprikaスクールセット」の予約受付を12月11日に開始した。

IchigoDake スクールシリーズ

IchigoDake スクールシリーズ

 「IchigoDake」は、子どもパソコン「IchigoJam」のコア部分を切り出した、安価なコンピュータ。タブレット端末に接続することで、タッチ操作によるグラフィカルなプログラミング「CutleryApps」を利用可能で、「IchigoIgaiスクールセット」に接続すればキーボードを用いたBASIC・JavaScriptによるプログラミングや、十字キーによるクエストスタイルの「IchigonQuest」プログラミングができる。税別価格は980円。

 「IchigoIgaiスクールセット」は、「IchigoDake」でキーボード操作によるプログラミングを実現するための機器セット。液晶モニタやキーボード、ケーブル類が専用の段ボールケースに収められており、ケースから出さずにそのままプログラミングに取り組める。別売のモバイルバッテリでの利用にも対応している。税別価格は7980円。

 「paprikaスクールセット」は、プログラム制御の段ボールロボット「paprika」の組み立て済みセット。本体に「IchigoDake」を差し込むだけですぐにプログラミングを始められる。ロボットは前後左右に動作可能で、オプションのサーボモータによって左右の腕も操作できる。また、各種センサの組み合わせによる、幅広いプログラミングを楽しめる。税別価格は8980円。


【関連リンク】
プログラミングクラブネットワーク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0