EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

オンライン試験システム「スマート入試」が東京大学大学院医学系研究科の入学者選抜試験に採用

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/02 10:00

 サーティファイは、8月16日に実施された2022年度 東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻専門職学位課程(以下、東京大学SPH)の入学者選別における筆記試験(専門科目)において、同社が提供するオンライン試験システム「スマート入試」が導入されたことを、8月26日に発表した。

 「スマート入試」は、リモート環境下でも公平・公正に筆記試験や論述試験を実施できるオンライン試験システム。

 従来型のオンライン試験システムは本人認証や視線監視など簡易な不正検出は可能であったものの、PCカメラの死角となる受験者の手元やPC画面、画面周辺を監視できないため、巧妙化する不正手法に対応できず、大学をはじめとする教育機関は筆記試験のオンライン化に踏み切れずにいた。

 「スマート入試」ではPCカメラに加えて、スマートフォンをサブカメラとして利用し、不正への抑止力と不正検出精度を高めている。

2つのカメラで死角を見逃さず、トラブルにも強い
2つのカメラで死角を見逃さず、トラブルにも強い

 東京大学SPHは、入学者選抜実施後のアンケートで「試験監視システムとして信頼できる」と評価。「今後より性能を高め、より機能性・汎用性の高いシステムにしていくことが期待されます」とコメントしている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0