EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

全校生徒の保護者にGoogleアカウントを発行した清教学園――利便性向上だけではないメリットとは?

清教学園中学校・高等学校 担当者インタビュー

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/10 07:00

 学校現場での「1人1台」環境やクラウド活用が進む中、ICTを活用した保護者との連携も、学校・学級運営における新たな課題のひとつとなっている。清教学園中学校・高等学校は、2021年度から保護者向けに「Google Workspace for Education」のアカウントを発行し、学校と家庭をつなぐツールとして活用している。Google Workspace for Educationの活用を保護者に広げるまでの課題や、導入後に感じた効果などについて、同校の法人事務局長を務める植野公稔氏と、ICTコーディネーターである高橋安史氏にお話をうかがった。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー(最新順)

連載:教育現場でのICT活用事例紹介(中学校・高等学校)

もっと読む

著者プロフィール

  • 相川 いずみ(アイカワ イズミ)

     教育ライター/編集者。パソコン週刊誌の編集を経て、現在はフリーランスとして、プログラミング教育やICT教育、中学受験、スマートトイ、育児などの分野を中心に、取材・執筆を行っている。また、渋谷区こどもテーブル「みらい区」を発足し、地域の子ども達に向けたプログラミング体験教室などを開催している。一児の...

  • 森山 咲(編集部)(モリヤマ サキ)

    EdTechZine編集部所属。映像系美大生、組み込み系ソフトウェアエンジニアを経て2016年10月に翔泳社へ入社。好きな色は青色全般。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0