EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

高校訪問で感じた探究学習の実情と、本来あるべき姿

新科目「総合的な探究の時間」どう設計する? 導入の課題とヒント 第2回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/02 07:00

 本連載では、高等学校における「総合的な探究の時間」がなぜ今必要とされているのかをひも解き、実際に授業を行うにあたっての現場の課題とポイントを明らかにしていきます。第1回は新旧の科目の比較と新設の背景を中心に紹介しました。今回は、学校現場における実情を交えながら、探究学習はなぜ必要なのかを掘り下げていきます。(編集部)

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー(最新順)

連載:新科目「総合的な探究の時間」どう設計する? 導入の課題とヒント

著者プロフィール

  • 山崎 泰正(ヤマザキ ヤスマサ)

     2012年にベンチャー企業へ新卒入社。セールスとして全社新人賞、マネジメント賞などを複数受賞。2015年よりフリーランスやスタートアップ企業の創業メンバーとして従事。複数の新規事業立ち上げ、事業責任者、事業開発、採用、組織開発、人事制度設計をボードメンバーとして行う。2019年Edv Future...

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0