EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

デジタル・ナレッジ、10月25日~27日の「eラーニングアワード 2017 フォーラム」で講演・ワークショップ・ブース出展

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/11/22 15:00

 デジタル・ナレッジは、10月25日~27日に開催された「eラーニングアワード 2017 フォーラム」で、講演、ワークショップの開催、展示ブースの出展を行った。

 講演「最旬テクノロジ×教育が今できること~AI・ビッグデータ・VR・アプリ~」は、アプリ、教育ビッグデータ、ラーニングアナリティクス、VR、AIといった「最旬テクノロジ×教育が今できること」がテーマで、同社の代表取締役COOである吉田自由児氏が、AIの教育利用事例として、教員のための「英語4技能対策授業」を実現するAIツール「トレパ」を紹介している。

 ワークショップ「ラーニングアナリティクス&AI教材 見て触って体験ワークショップ!」の前半には、同社のデータサイエンティストであるJason氏による、ラーニングアナリティクスの体験デモンストレーションを実施。テスト後に受講者の弱点と思われる単語を、タグクラウド化して表示する「おすすめ学習レコメンド」を実際に操作した。

 後半には、同社のビジネスソリューション事業部長である齋藤陽亮氏によるレクチャーのもと、AIを用いた対話型トレーニング教材の作成に挑戦している。

 展示ブースでは、LMS「KnowledgeDeliver(ナレッジデリバー)」をはじめとする教育ビッグデータ活用に関する展示のほか、教育VRコンテンツを体験できるコーナー、AIを利用した英語トレーニングの体験コーナーなどを設置した。


【関連リンク】
デジタル・ナレッジ



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0