EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

自律型学習者の育成において、ICTはどのような役割を果たすのか?「教えない授業」の山本崇雄教諭が語る

第2回 EdTezhZineオンラインセミナー「自律型学習者を育てるICTの可能性」レポート

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/25 07:00

 「EdTechZine」が開催するオンラインセミナーでは、教育の最前線で活躍されているゲストをお招きし、日々の教育実践のヒントとなる内容を、講演と質疑応答を通してお伝えしていく。4月10日に開催した第2回のセミナーでは、「自律型学習者を育てるICTの可能性」として、新渡戸文化中学・高等学校 統括校長補佐、横浜創英中学校・高等学校の教育アドバイザーなどを務める山本崇雄教諭にご登壇いただいた。山本教諭が実践している、生徒自身が考え学んでいく「自律型学習者」とは? ICT活用のコツは? 視聴者からの質問と共に「自律型学習者」を育てる教育カリキュラムでのICT活用法を紹介していく。

「教えない」ことで自律的に学ぶようになる

  「きっかけは、2011年の東日本大震災だった」――セミナーの冒頭、山本教諭は自身の教育に対する考え方が大きく変えたエピソードを語った。

新渡戸文化中学・高等学校 統括校長補佐/横浜創英中学校・高等学校 教育アドバイザー 山本崇雄教諭
新渡戸文化中学・高等学校 統括校長補佐/横浜創英中学校・高等学校 教育アドバイザー 山本崇雄教諭

 山本教諭は震災後、仙台の海岸線沿いを歩きながら次のように考えた。「人間はゼロからスタートしなければいけないときがある。大人ができることは、それほど多くない。大人がいなくても学び続ける生徒を育てなければいけない」。この経験をもとに「教えない」スタイルの教育を始めたという。

 『なぜ「教えない授業」が学力を伸ばすのか』『学校に頼らなければ学力は伸びる』といった書籍を執筆する山本教諭だが、「決して教えることや学校を否定しているわけではない」と話す。教員が「教えない」選択肢を身につけることで「教える」という行為の深みが増し、「教えない」ことで生まれる生徒の自律的な学びを期待しているという。さらに「学校やサービスに依存するのではなく、それらがなくても学び続けられる生徒を育てたい。コロナ禍でも同様に、生徒がより良い学び方を手に入れて、自律して学び続ける『ライフロングラーナー』になっていくことが大事」と思いを伝えた。

「自律型学習者」を育てる新渡戸文化学園の目標

 では、自律型学習者を育成するため、必要なことは何か? 山本教諭はまず「学校は何のためにあるか」と問いかける。

 その上で「気候変動やAIといったIT技術の進歩、価値観の多様化により、社会が大きく変わりつつある。しかし学校は変わらず、時代の変化に追いついていないことが問題となっている」と解説。「学校が未来の社会をつくる」「今の社会の変化を学校に取り入れる」という2つのベクトルの必要性を説いた。

 そして、日本財団による2019年度の18歳意識調査の結果を紹介し、「日本は『自分が責任ある社会の一員である』という回答の割合が少ない。『自分たちが社会をつくっていく』といった意識に変えていきたい」と語り、「個人的にも社会的にも幸せに生きるための教育を実現することは、すべての国で、教員だけでなくすべての大人が目指さなくてはいけない」と訴えた。

 これらを踏まえ、山本教諭は自身がデザインする新渡戸文化中学・高等学校の教育カリキュラムを紹介。同校は「Happiness Creator(ハピネスクリエイター)」を教育シンボルとし、すべての教育活動において「自分が幸せになるだけでなく、幸せをつくりだす」人材を育てることを目指している。

 その上で「より良い世界、幸せな世界をつくるためには、まずは自分でより良い選択ができなければいけない」として、自律型学習者の育成を目標としている。山本教諭は、自律型学習者に必要な要素である「自分をコントロールする」「他者とつながる」「新しい価値を創造する」の3点を紹介した。

同校が目標としている「自律型学習者」の3つのコンピテンシー
同校が目標としている「自律型学習者」の3つのコンピテンシー

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー(最新順)

連載:EdTechZine読者イベントレポート

著者プロフィール

  • 相川 いずみ(アイカワ イズミ)

     教育ライター/編集者。パソコン週刊誌の編集を経て、現在はフリーランスとして、プログラミング教育やICT教育、中学受験、スマートトイ、育児などの分野を中心に、取材・執筆を行っている。また、渋谷区こどもテーブル「みらい区」を発足し、地域の子ども達に向けたプログラミング体験教室などを開催している。一児の...

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0