EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

「やらかし」は絶好の指導のチャンス! iPad1人1台を実践する中学校は、いかに生徒の力を引き出しているのか

GIGAスクール構想で実現する「学習者主体」のICT活用 第3回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回の記事では、Chromebookを採用した学校での教育実践を紹介しました。今回の記事では同じく大学の附属中学校として、1人1台のiPadを活用している上越教育大学附属中学校の取り組みを紹介します。同校では2016年より本格的に1人1台のiPad活用を進めてきました。2019年には、Appleが優れた教育実践校に対して認定を行う「Apple Distinguished School」にも認定され、大きな話題になりました。同校では「民主社会の発展に寄与する人間性豊かなたくましい生徒を育成する」というビジョンを掲げ、大学附属校としてさまざまな研究実践をしており、ここでも「学習者中心」の思想が強く見られました。その様子を、2017年に同校に赴任し、この学校の大きな変化の中で指導をしてきた大崎貢先生に聞きました。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー(最新順)

連載:GIGAスクール構想で実現する「学習者主体」のICT活用

著者プロフィール

  • 野本 竜哉(一般社団法人iOSコンソーシアム 代表理事)(ノモト タツヤ)

     静岡県磐田市出身。大学・大学院で情報工学の立場から教育のICT化について研究し、2009年より通信事業者でエンジニアとして国際通信回線の保守運用、私立学校へのICT導入SE等に従事。2014年には一般社団法人iOSコンソーシアム「文教ワーキンググループ」リーダーを兼務し、2019年には同社団法人の...

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0